({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年05月13日
シリーズ名やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数237
ジャンル
ファイル容量
100.81MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

志摩律子法律事務所に弁護依頼が舞い込んだ。
依頼者は釣り客同士の殺人事件の被疑者・中田友満の妹だった。
自白もして、殺人で起訴されるのは時間の問題であったが、妹は兄が殺人を犯すなど考えられないというのだ。

事件当日、釣り仲間の加島夫妻と中岬まで釣りに出かけた。
ちょっとしたイザコザでケンカとなり、そばに落ちていたナイフを持った途端、
加島が振り回したクーラーボックスが頭にあたり…気がつくと血まみれの加島とナイフが…。
被疑者・中田に謁見した志摩はこの話に違和感を覚え、こう質問する。
「気が付かれた時、クーラーボックスの氷は溶けていました?」。
志摩の感じた違和感の真意とは…!? 

篠原とおる先生がお贈りする弁護士・志摩律子の華麗なる事件簿、第1巻(全14巻)!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件