電子書籍 > はちみつ書房 > 無念の曲がり道

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年08月26日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数34
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

障害物が何もないのになぜあの道は曲がっているの……

夏休みに旅行で北海道へ来た私と恋人の淳也。
さっそく今夜泊まる予定のユースホステルにチェックインするため、
レンタカーで「さすがは北海道!」というまっすぐな一本道を快調に進んでいった。

トンネルを抜ければ目と鼻の先、という時にクルマの目の前に少女が飛び込んできた!!!
しかし、その少女はクルマの中にいる私たちの間をすり抜けていった……
まさか、ふたりが見たのは少女の幽霊!?
ホテルについてからも少女の霊がふたりを襲う……

ふたりの泊まるホテルの前には何の障害物のないのに極端にカーブした道がある。
そこには、かつて慰安婦としてきた少女たちが首を吊った大きな木が植えられていたという――

作品情報/動作環境

作品番号
BJ078789
ファイル名/ファイル容量
BJ078789.zip / 50MB (52433318Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「無念の曲がり道」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件