電子書籍 > はちみつ書房 > 私の中に誰かいる

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年07月25日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数36
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

私は時々おかしくなる。凶暴で、そう、淫らに――

AB型だから気が変わりやすいのよ。
朝食に和食を食べたがったと思ったら、急にパンをほしがる。
ハツカネズミの解剖実験で怯えていたと思ったら、急にメスでめった刺しにする。
想い人への態度も気まぐれ。純情なのか、淫乱女なのか。
AB型だから気まぐれなだけ。そう、それだけの話なんだと信じてる……。

あるとき倒れて搬送された病院で、衝撃の事実が判明した。
子宮の中に何かいる! 潜んでいたのは、彼女の双子の姉妹になるはずだった肉塊。
胎児の段階で、片割れの体の中に紛れ込んでしまったのだ。

こいつがときに思考を乗っ取っていたということなのか。
肉塊は摘出されて、彼女に平和が戻る――はずだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ078782
ファイル名/ファイル容量
BJ078782.zip / 49.99MB (52419366Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「私の中に誰かいる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件