>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年04月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル

作品内容

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第44話。

社長から朝イチの仕事が…。
市役所におつかいということだったが、
その場所は「生活保護受給申請」で、思っていたよりはるかに多い人…。
生活保護を受けたいという人が多いことにも驚いたが、その役所の対応もさまざま…。
もちろん、すべての人が受けられるというわけではない。それに森内は困惑しながら待っていた。
そして、森内が思ったより時間がかかってしまっている間、現場には大月と林が向かっていた。
そこは特別清掃ではないけれど、結果やりきれない思いを抱えながら、ふたりは作業するのだった…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ077837
ファイル名/ファイル容量
BJ077837.zip / 15.15MB (15883972Byte)

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 44話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 44話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件