電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【素敵なロマンスコミック】やさしい月

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年04月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数114
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「新婚旅行って言ったら月がメッカだろー」
そう言ったのは、私、貝原芙美ではなく、ヒデちゃん、松平秀臣でもなく、ハル、河村春樹だった。

私達3人は中学時代いつも一緒だった。ヒデちゃんは寡黙でシャイで。
ハルはなんというか、まあ、あけっぴろげのノーテンキで。
全然違うタイプだったけど、どっちもいい奴で、どっちも私は大好きで。
私達はたいてい3人で行動したけど、どうしてもペアにならなきゃいけない時は、
ヒデちゃんとハルのジャンケンで決めてた。
いつか決めなきゃいけない。ジャンケンなんかじゃなくて、私の意志で。
いつかずっとずっと先のいつか。

中3の秋、ハルが死んだ。
事業に失敗したお父さんが車に家族を乗せてガケから海に!!
無理心中だった…!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ077553
ファイル名/ファイル容量
BJ077553.zip / 35.59MB (37320707Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【素敵なロマンスコミック】やさしい月」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件