電子書籍 > はちみつ書房 > 【忍従の果てに…編】 ふたりきりの孤独

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年06月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数32
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

寄り添い発見された姉妹に何が起こったのか――

2012年1月、北海道札幌市で発見された姉妹の遺体。
病死した姉、富士枝(42)の死から1ヶ月後、
妹の和枝(40)は、餓えと寒さによって亡くなっていた。

妹の和枝は、幼い頃から軽度の知的障害があり
日常生活に支障はないものの、幼児程度の知力しかなかった。
そして富士枝が高校生になった時、両親が亡くなり家族は姉妹だけとなった。
親戚に身を寄せることとなるが、妹は施設に預けられる。

高校卒業後、就職し妹を引き取り姉妹で暮らすことに。
障害をもつ妹の世話をしながら懸命に働く富士枝は、
社会的弱者に対する世間の荒波に揉まれていく――

作品情報/動作環境

作品番号
BJ076715
ファイル名/ファイル容量
BJ076715.zip / 41.24MB (43242446Byte)

【忍従の果てに…編】 ふたりきりの孤独の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【忍従の果てに…編】 ふたりきりの孤独」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件