電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【素敵なロマンスコミック】ドアを開けたら暗闇が立っている

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数118
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「遅れてすみません。今すぐ支度しますから」彼女はベッドに横たわると「したく完了。
お好きなように旦那様…」とその身を投げ出す。
「お前、歳は幾つだ」「17…いえ18です、旦那様」「私にはせいぜい12~13にしか見えないが」
「待って、お願い。抱いてください。じゃないと、お金貰えないとマダムにムチで打たれます。嘘じゃないの」
彼女の背中には無数のムチの痕があった。
「なぜ娼婦などになった?」
「暗闇が怖くて…。私の父と母は泥棒に殺されました。でもこの仕事、暗闇を一緒に過ごしてくれる人がいるだけ、ちょっと嬉しい」
なんてことだ。私は彼女に金と指輪を渡して帰した。
だが彼女は私を追って来た。
「お前の名は?」「エリザ」「エリザ、私と一緒に来るか?」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068431
ファイル名/ファイル容量
BJ068431.zip / 30.08MB (31538160Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【素敵なロマンスコミック】ドアを開けたら暗闇が立っている」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件