電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 【素敵なロマンスコミック】セカンド・ヴァージン

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数115
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

7月18日、29歳になった。1人暮らしを初めて4年目。
今のリサーチ会社に転職して3年目。彼、中尾俊行と付き合う様になって半年。
「結婚しちゃわない?僕と。僕達結構いいパートナーになれると思うな」
「半年でそういう結論を出すのは早すぎると思わない?」
「やれやれ慎重なんだな」「この年になったら勢いだけじゃ結婚できないのよ」
なんて話を和やかにしている時、中尾が突然1人の男に呼びかけた。
「浅田…?浅田じゃないか!?」彼を見た景子は驚いて言葉も出ない。
浅田は「僕は君の恋愛ごっこに付き合っていられる程、
暇でも酔狂な男でもないんだ」と冷たい言葉を吐いて、景子を振った男なのだ。

…浅田省吾!! こんな所で出会うなんて!!冗談じゃないわ…!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068430
ファイル名/ファイル容量
BJ068430.zip / 32.18MB (33747432Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【素敵なロマンスコミック】セカンド・ヴァージン」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件