({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年12月18日
シリーズ名ニコラオスの嘲笑
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数162
ジャンル
ファイル容量
49.61MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

警視庁の刑事・森村つぐみは、シングルマザーの敏腕刑事。
愛する息子・優馬を託児所に預け、クリスマスイブに発生した殺人事件に集中する。
幼い優馬の心は寂しさに耐えかねて、亡き父の実家に行ってしまう。
つぐみは事件に没頭し、壊れそうな息子の心を救うことが出来ない。
捜査の結果、容疑者として加治清の名前が挙がるが、証拠は決め手に欠ける。
被害者の一人が政治家だったため、彼の学閥から早期逮捕へのプレッシャーがかかる。
一方、清は同僚のまりもとの愛を育み、まりもの持病を理由に反対する母親に、生まれて初めて立ち向かっていた。
この事件さえ解決出来れば、優馬を引き取れると願うつぐみだが、清の動機がわからず悩む日々が続いた。
上からの期限を切ったプレッシャーもあり、捜査は一気に大詰めを迎え、とうとう清の手に手錠がかけられた!

(収録内容:「再捜査開始!!」「被害者家族の悲しみ」「鍛治清は本当に犯人なのか!?」「わがままも言えない……」
「歪められていく清のイメージ」「真犯人・山川 由佳」「見落とされる真犯人」「加治 清は犯人だ!!」「山川由佳の狂気」「加治 清 逮捕!!」)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ニコラオスの嘲笑(5)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件