電子書籍 > 実業之日本社 > 江戸川乱歩猟奇漫画館

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年11月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数337
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

江戸川乱歩没後50年記念企画第2弾。
江戸川乱歩が創出した名探偵・明智小五郎が、
ライバルの2大怪人が引き起こす猟奇的難事件に挑む2長編を収録。

■「地獄の道化師」(作画・関谷ひさし)
白昼の路上で石膏に包まれた若い女性の死体が置き去りにされる。
そして、その女性の妹に送り付けられた道化師の人形は死の予告なのか。
明智小五郎をあざ笑うかのように、犯罪をつづける“地獄の道化師”の正体は意外にも!?

■「黄金仮面」(作画・北竜一朗)
怪人・黄金仮面と明智小五郎の死闘を描く。
昭和初期、それはどこからともなく、金製の仮面をつけた怪人物の出現のうわさから始まった…。
銀座や夜のとある東海道線の踏切など、黄金仮面の目撃情報が相次ぐ。
その容貌は、「顔は金色に光っていて口から一筋真っ赤な液体が流れていた」。
一体、黄金仮面とは何者なのか。
そんなある日、ついに黄金仮面が巻き起こした大事件とは!?

長編漫画の他に「江戸川乱歩と≪地獄の道化師≫」、「北九州市漫画ミュージアム紹介」、
「江戸川乱歩と≪黄金仮面≫」「名張市立図書館・江戸川乱歩コーナー紹介」など特集記事も収録。
江戸川乱歩独特の猟奇的な雰囲気満載で、乱歩ファンならずとも必読の一冊!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ066616
ファイル名/ファイル容量
BJ066616.zip / 171.31MB (179629355Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「江戸川乱歩猟奇漫画館」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件