電子書籍 > 笠倉出版社 > 命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 39話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年11月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第39話。
オフィスにて談話中、以前に請け負った依頼人の家にいた、
大量の猫の処分について残酷でかわいそうなことをした…と涙ぐむ森内に対して、
冷静に仕方ないと答える大月。
そして大月は今回の依頼である…自殺をしたひとり暮らしの男性の部屋に向かう。
そこには…威勢よく吠えかかる1匹の犬が。
途中で電話が入り、もう一件…特掃に向かう。
今度は飼い主と一緒に旅立った犬の遺体が…。
「また犬か…」。飼い主である故人と犬の思い出を垣間見、
複雑な思いを振り払い、黙々と作業をする大月。
ところが、大月は思いもよらぬ行動に出る…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ065650
ファイル名/ファイル容量
BJ065650.zip / 15.89MB (16660577Byte)

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 39話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 39話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件