電子書籍 > 笠倉出版社 > 実録極道抗争シリーズ > 仁義なき戦い【外伝】広島極道刑事風雲録 ヤクザを選ばなかった侠 1巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 森朗(画) / 大下英治(作) / 土井泰昭(監)
出版社名 笠倉出版社フォローする
レーベル カルト・コミックス
販売日 2015年10月02日
シリーズ名実録極道抗争シリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数88
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

警察のマル暴――暴力団担当の刑事が、ヤクザ顔負けの迫力ある容貌をしてることは有名だ。
事実、暴対法以前のマル暴は、ヤクザと五分で渡り合わなければならないため、
まさに極道と紙一重の日常を送っていた。
抗争が相次いだ時代であれば、それは尚更だった。

広島を舞台に、終戦直後から昭和40年代半ばまで続いた「仁義なき戦い」の只中、
広島県警にはヤクザに恐れられる、突出したマル暴刑事がいた。
広島と呉で勢力が四分五裂した抗争を繰り返すヤクザ、
とりわけ神戸の二大組織・山口組を後ろ盾にした打越会と、
本多会をバックにした山村組の抗争は、因縁の戦いを様相を見せていた。
そしてその両組織の幹部に友や縁者を持ち、ヤクザと時に渡り合い、
時に恐れられたマル暴――極道刑事。
彼は拳銃を取り上げられ、警棒しか持たせられなかった時代から警察官を始め、
長く血塗られた抗争の時代を駆け抜けた。波乱に富んだ型破り刑事の一代記!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ064204
ファイル名/ファイル容量
BJ064204.zip / 48.22MB (50557148Byte)

仁義なき戦い【外伝】広島極道刑事風雲録 ヤクザを選ばなかった侠 1巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「仁義なき戦い【外伝】広島極道刑事風雲録 ヤクザを選ばなかった侠 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件