電子書籍 > オフィス漫 > アストレアの涙

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数209
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

恋人の死の真相は……!? 
秋津苑子はハウスキーパーに身をやつし、
恋人の勤めていた会社のトップ・壬生壮一の邸宅にもぐりこんだ。
恋人は自殺と発表されていたが、壬生が罪を着せて葬った疑いが強いのだ。
彼が真犯人であるなら、同じような喪失の痛みを味わわせてみせる……。
壬生夫人の忘れ形見、百合絵を奪うことで! 
ところが1枚の写真がきっかけとなり、事態は驚愕の展開をむかえる! 

表題の「アストレア」とはギリシャ神話で正義を司る女神。
人間のあさましい争いを嘆き、天に昇り乙女座となった。
女神までも絶望させる人間たちの憎しみに満ちた名作サスペンス。他、1編を収録。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ063930
ファイル名/ファイル容量
BJ063930.zip / 70.57MB (74001090Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アストレアの涙」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件