({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月16日
シリーズ名ダークサイド・エンジェル
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数179
ジャンル
ファイル容量
59.52MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

常に憂いをふくんだ眉間、微笑みすら浮かべないその横顔は、己が宿命を知るが故か……。

若き「邪眼」の使い手、工藤夏生は闇世界の住人と闘う日々を送っていた。
敵が操る黒魔術によって父を失った今、
心を許せるのは心霊捜査班「ダークサイド・エンジェル」に所属する三人の同僚のみ。
治療師・青地文矢は癒しの手を持ち、吉祥は破邪の読経で、
神楽坂刑事は警察機構の力によって、それぞれ夏生をサポートする頼もしい味方。

子どもをさらう鬼女や恨みの凝り固まった犬神など、
どの事件をとっても彼らなくして解決はしない。
そして、夏生の本当の母親にして超能力者「御影蓮」の存在が重くのしかかる。
妖魔を影で操るとは、一体なぜ……!? 

昏い因縁、ただよう妖気。新宿を中心に運命の輪がゆっくりと動き出す。
星川とみ先生の描くダークサスペンス・シリーズ第4巻(全6巻)!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ダークサイド・エンジェル(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件