({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月09日
シリーズ名蒼き守護神
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数237
ジャンル
ファイル容量
80.94MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

春を待つ北海道の大地で、月明かりの下に一頭の白い狼が姿を現した。
その吸い込まれるような蒼い眼を見つめたときから、尾関亜湖の数奇な運命が動き始めた。

通いはじめたばかりの聖蘭学園に、この世の覇権を狙う妖魔の影が……。
彼らは闇の女王・修羅を指導者と仰ぐ邪悪なものども…魔族! 
対するは神の力を受け継ぎ人間界を守護してきた北神一族。
そのリーダー・北神清竜は亜湖の父親だった。

戦いの力を持つ少年・飛竜は死闘の末に魔族の尖兵を討ち果たすが、
次に敵が仕掛けてきたのは北神族の本拠地を直接叩く奇襲攻撃。
幾多の命を飲み込んで、戦いはついに最終局面へ……。

東京で政財界の要人や亜湖の家族を襲う忌まわしき妖怪。
窮地を打破すべく清竜は秘匿していた力を解き放とうとするが、それは自らの消滅を意味していた。
心の支えを失った亜湖と飛竜は、修羅の軍勢に引導を渡せるのか!? 

超自然の激闘、勝敗が決するシリーズ最終巻(全2巻)!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「蒼き守護神(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件