電子書籍 > オフィス漫 > 私がすてた男

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数273
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「自分勝手で思いやりに欠けたサイテーな男」。
紀史子が別れた夫の進也に下す評価は、5年が経った今でも容赦がない。
友人からは未練があるのではないか、と勘繰られるものの、
自分ではキレイさっぱり清算したつもりでいる。
ところが、酒席で前触れなく本人に再会するや、それまでの冷静さを失ってしまうのだった。
相手は憎たらしいくらいに落ち着き払い、一緒に飲みましょうと提案する余裕っぷり! 
紀史子は困惑しつつ帰ろうとするが、
進也は帰路を共にし、いまも変わらず愛していると打ち明けてきた。
今さら何を言おうとも、失った時間は戻らないのに! 
向かい合った2人は、ふたたび歩み寄ることができるのか? 
進也は紀史子の言動から、離婚したほんとうの理由に思い当たるのだが……。

表題作は時間の壁を乗り越える、力強いラブストーリー。
この他も陰影豊かな大人の女性の恋の話、全6編を収録!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ063466
ファイル名/ファイル容量
BJ063466.zip / 82.15MB (86139537Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「私がすてた男」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件