({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年09月18日
シリーズ名実録極道抗争シリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数92
ジャンル
ファイル容量
45.5MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

三代目田岡組長の時代に全国侵攻を開始し、短い期間で日本全土を制圧した山口組。
しかし余りに強大だった三代目の死去は、巨大組織の内紛を噴出させた。
山一抗争である。この時期、着実に地歩を固めていたのが、司忍である。
当時司忍の親分だった弘田組組長・弘田武志は山本広擁立の側についたが、一和会には参加せず引退。
弘田組若頭だった司忍は弘田組を継承し、弘道会を結成した。
抗争の嵐が荒れ狂う山口組の中にあって、司忍は弘道会の組織強化を推進する。
一和会系組織対策だけではなく、それ以上に警察に対する防備も怠らなかった。
暴対法の下での抗争は、自らを危機に陥れることに繋がり、
司忍はこれを看破し、時代を先取りしていった。
この慧眼が、司忍を六代目山口組組長の座に押し上げた。
自分の収監を見据えた組織運営は、組長の社会不在という危機をも乗り越えた。

創立百周年を無事迎えさせた侠の、熱いドキュメント!!

司忍 山口組六代目継承<激闘編>弘道会VS警察闘争史II【後編】 2巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「司忍 山口組六代目継承<激闘編>弘道会VS警察闘争史II【後編】 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件