電子書籍 > 新書館 > 101人目のアリス(7)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年10月18日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数198
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

彼が言うんだ、間違いないよ──
マックスの言葉をきっかけに気持ちを切り替え、音楽祭にむけて練習に励むアリス。
だが同室のテオは複雑な想いを抱えていた。
才能も、友人も、そしてクレアまで。
アリスに対して湧いてくる黒い感情をおさえることができない。
そんなテオにヴィックは近づき、優しく微笑みかける。
ヴィックの本当の目的とは──!? 
ヴィックのふたつめの嘘はアリスを切り裂いた──。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ059618
ファイル名/ファイル容量
BJ059618.zip / 122.22MB (128157625Byte)

101人目のアリス(7)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「101人目のアリス(7)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件