電子書籍 > 新書館 > あとり硅子短篇集2 犬夜

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年11月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数275
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

まだ行ったことのないどこかに行ってみたいんだ。
いつもの塾の帰り道、偶然出会ったのは、学校に来なくなってしまったクラスメイト。
だけど彼は、犬をつれて、輝く瞳をしていて……。
まだ見えぬ自分の将来に立ち竦む、高一の冬。
笑いと清清しさの中にきらめく何かがある……。

数々の名作を再編集、第二集は
著者が愛した犬たちと動物の登場する作品を中心にお届けします……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ059443
ファイル名/ファイル容量
BJ059443.zip / 90.78MB (95184631Byte)

あとり硅子短篇集2 犬夜の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「あとり硅子短篇集2 犬夜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件