電子書籍 > 新書館 > らぶきょん~LOVE in 景福宮(21)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年10月26日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数175
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「今のぼくは、きみが知っていたユルじゃない。」
ヨーロッパに留学しているはずのユルがチェギョンの前に現れ、
悪魔のようにささやく……ついにユルが最終手段に出た!? 
目的はただひとつ……チェギョンとシンを引き離すこと。
それがダメなら皇太子位を取り戻すこと。
ダメ押しは……チェギョンにヨーロッパ留学へいっしょに来るよう脅迫!! 
チェギョンはユルを激しく拒絶するものの、
ユルと行くことがシンのためになると、あきらめて同意してしまう。
そこへシンが駆けつけて……!?
「おまえの手を放してしまったら、おれは自分が許せない。」
やがてシンとチェギョンは、ゆっくり話をするためにチェギョンのワンルーム・マンションに向かう。
二人きりの室内。切々と気持ちを語るシン……。
そして再び訪れる、せつないせつないラヴ・シーン☆
「シンと歩いた明洞(ミョンドン)、今日が最後になるかもしれないから。」

心を隠し、表情を隠し、それでもなお、互いを愛して止まない元ロイヤル・カップルのエターナル・ラヴロマンス……
人を愛することの甘く切ない気持ちと、
そんな気持ちを素直に伝えられないもどかしさに、泣いて笑ってまた泣いて!! 
もうダメ、居ても立ってもいられない……
シンとチェギョンの愛の乱高下(しかも二死満塁的な!!)の行方を占う崖っぷちにもほどがある第21巻!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ059187
ファイル名/ファイル容量
BJ059187.zip / 124.57MB (130619287Byte)

らぶきょん~LOVE in 景福宮(21)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「らぶきょん~LOVE in 景福宮(21)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件