電子書籍 > 笠倉出版社 > 命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 36話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年08月21日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第36話。
渋滞の中、急いで着いた依頼先には、ひとりの女性が苛立ちを隠せない様子で立っていた。
代理人というその女性は、立ち会わずに見積もり、清掃、荷物の廃棄をお願いした。
森内と大月は、さっそく中に入って、作業を行う。
今日は清掃のみだが、明日荷物の運び出しを行う予定だ。
故人は、ベッドの上で孤独死されたらしく、そこだけは腐敗が進んでいた様子。
持ち物から中堅の男性サラリーマンのようだった。
その依頼人は、その息子…そして代理人は元妻…という。
20年以上も会っていない元家族の事態に淡々とした態度もわかる気もするが…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ059046
ファイル名/ファイル容量
BJ059046.zip / 13.61MB (14270339Byte)

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 36話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 36話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件