({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年09月02日
シリーズ名天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数190
ジャンル
ファイル容量
34.04MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

世紀末。
核の炎が世界を焼き尽くし、世界は弱肉強食の世界へと変貌していた。
北斗3兄弟の長兄ラオウはそんな世を救うため、恐怖により人を治める覇業に挑む。
そんなラオウを補佐するのは、ラオウと同じ修羅の国生まれの幼馴染、ゾウガとその妹レイナ。
野生の馬の王であった黒王を自身の愛馬としたラオウは
破竹の勢いで勢力を増し、拳王の名は広まりつつあった。

そんなラオウの前に立ちはだかったのは南斗の将星サウザー。
ラオウはサウザーと対峙するが、サウザーはあえて戦おうとはせず同盟を持ちかける。
ラオウはそれがサウザーの本心ではないと見抜いたが、
サウザーと戦えば覇業の達成が遅れることを危惧し同盟を結ぶ。
しかしそれはサウザーと南斗の妖星のユダの策略だった。
遠征に出たラオウの隙をついたユダはラオウの本拠地でもある拳王府を落としたのだ。

天より授かりし拳で己の覇業を往くラオウ。
覇業の果てに何があるのか、それは天のみぞ知る。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件