電子書籍 > 実業之日本社 > λ(ラムダ)の箱舟

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月20日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数202
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

WEBサイト「COMICリュエル」にて連載し話題となった、
1920年の英国を舞台にした父子+1(女性)の絆を描いた物語!

生い立ちも価値観も違う3人、カタブツ言語学者・ボーン教授とアウトローの息子・ルディ、
そして修道院育ちの女性秘書・バレンタインが一つ屋根の下で暮らし始める。
ボーン教授はかつて、そのたぐいまれな言語解読能力をかわれ、
軍の指揮下で暗号解読や暗号作成に関わった。
第一次大戦が終わり大学に戻ったが、国家機密を知りながら
普通の生活を送るボーン教授の存在を、いつしか軍は危険人物としてマークする。

そんな時、息子のルディが刑務所から出所してきた。
かつて父のことを拒絶していたルディであったが、秘書・バレンタインの仲介もあって、
次第に父との関係を修復し、新しい仕事として父のボディガードをすると決意する。

心が離れていた父と息子は、行動を共にするようになり、
同居するおせっかい焼きの秘書・バレンタインとの生活の中で、
今までのわだかまりが少しずつとけていく…。

著者初の単行本。
WEB連載中から、作品の魅力の虜になる読者が急増!
単行本化に際し、描き下ろし漫画を大幅加筆。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ055410
ファイル名/ファイル容量
BJ055410.zip / 105.23MB (110338391Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「λ(ラムダ)の箱舟」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件