({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年05月12日
シリーズ名続 翔んだカップル
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数217
ジャンル
ファイル容量
148.63MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

田代勇介は恋人の山葉圭の反対がありながらも、本格的にボクシングジムに通い、
大学3年生でプロライセンを取得し、プロボクサーとしての道を選び、
圭と別れ別々の道を歩き始める。
そして勇介には瞳、圭には海城という新たな恋人ができるのであった。

圭が観戦する試合中に負傷してしまった海城は下半身不随となり、
長期入院が必要となってしまう。
しかし圭は毎日、海城の見舞いを欠かさないのであるが、
海城はそんな圭に対し負い目を感じ別れ話をしてしまう。

一方の勇介は海城の様態のことも知り、圭のことがどこかで気になりつつも、
それを打ち消すかのようにいっそうトレーニングに熱が入るのであるが、
どこか自分の中の冷めた部分をトレーナーの町井に見抜かれてしまうのであった。
大学に通いながらボクシングを続けていた勇介は、もう4年の冬なのにもかかわらず、
ライバルの黒木田に前田ことをきっかけに、大学を辞める決意をするのであった。

「翔んだカップル」「新 翔んだカップル」の続編として、
漫画としては前例の少ない描き下ろしの単行本としてリリースされたのが「続 翔んだカップル」だ。
勇介のボクシングにかける思いをメインに、
圭や周りの人たちとの関係を描き、大人へと成長していく物語。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「続 翔んだカップル(5)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件