({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年05月08日
シリーズ名実録極道抗争シリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数57
ジャンル
ファイル容量
23.91MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

昭和39年、山口組の抗争がTVで実況中継された。
しかも白昼に展開された市街戦である。
人質を盾に、四国松山市内のビルに篭城する山口組系矢島組と、
路上から銃弾を浴びせ続ける地元の強力組織・郷田会。
双方がライフル、散弾銃、拳銃を手に、一歩も引かぬ意地を見せる命の応酬。
現場に急行した警察の呼びかけも空しく、緊迫した市街戦は3時間以上に及んだ。

市街戦の一方の当事者、矢嶋組を率いる矢島長次は、
四国・今治市に本拠を置く当時29歳の若き親分。
山口組の全国制覇が緒に就いた昭和35年、
山口組三代目・田岡組長から盃を受け、24歳にして直参になる。
それから4年後、愛媛県最大の都市・松山進出の機会が訪れる。
しかしそこに、地元で強力な覇権を握る郷田会が立ち塞がった。

矢嶋組VS郷田会 3巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「矢嶋組VS郷田会 3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件