({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年05月08日
シリーズ名命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版]
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル
ファイル容量
16.75MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第33話。
ミスを連発して、社長に怒られてばかりの森内。そこに見積もりの依頼が入る。
ところが、みんな出払っていた。
ひとりで見積もりに行くと、そこの場所は…
薄暗く鬱蒼と生い茂る草と数匹の猫がいた。
まさか…と思った瞬間、奥から怒鳴り声がして、ハッと驚く。人がいた…。
依頼人は、その家の大家。
その家に住んでいる本人は、働くこともあきらめた男だった。
とりあえず、人が住んでいたこともあり、一度会社に戻る。
そして、改めて大家から再び見積もりに行ってほしいとの依頼が。
社長とふたり、その男に会う。
何もかもあきらめている男に社長は、一冊の本を渡すのだった…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版]33話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件