電子書籍 > 笠倉出版社 > 命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版]32話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月03日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第32話。
海辺を歩くまいこ。その時電話が鳴る。相手は職場の森内だった。
お休みだけど、見積もりに付き合ってほしいと。
依頼人は、生前予約を希望する女性。
まいこと森内は、同じく生前予約をしている八重さんと交流を持っていたが、
アルツハイマーが進行していて、自宅では暮らしていけなくなっていた。
そのこととダブるふたり。
ところが、その女性と話をしていくうちに、まいこはいままで溜め込んでいた、
家族のことや自殺未遂のことなど、泣きながら話す。
森内は、そんなまいこを見ながら、
人と人とのつながりや時の流れを感じつつ、命の重みを再確認するのだった…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ053494
ファイル名/ファイル容量
BJ053494.zip / 9.35MB (9801779Byte)

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版]32話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版]32話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件