電子書籍 > 実業之日本社 > 新・霊能者緒方克巳シリーズ10 小さな密告者

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数192
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

大人気の本格ホラーコミック、霊能者緒方克巳シリーズ最新刊!

究極の読心術を操ることで話題の超能力者・磨美香は、否定派の坂浦教授とテレビ対決を繰り広げる。
しかし、まったく心をひらかない坂浦を前に読心を失敗し自殺未遂にまで追い込まれてしまう。
彼女が本物の力を持っていると見抜いて、救出に乗り出した克巳は、
教授の心の謎を解くために彼に憑依している霊を引き出すが…。

信仰心の闇に隠された、過去のおぞましい真実をあばく「こころの鍵」。
そして、影を背負った文学青年と家族の絆が描かれる表題作「小さな密告者」。

克巳たちと同じ大学に通う新進気鋭の作家・羽沼リュウは、
キャンパス内でも注目を浴びる中、次の作品の構想を練っていた。その題材は、完全なる“殺人計画”で!?
公園のブランコで一人、彼の帰りを待ち続ける妹の沙音香が打ち明けた、兄への思いとは…。

このほか、すれ違う夫婦の切ない愛情を描いた短編「最後の珈琲」を含む、
計3本を収録した大学生編、気迫あふれる心霊サスペンス、ついに第10巻の発売です!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052640
ファイル名/ファイル容量
BJ052640.zip / 81.73MB (85703630Byte)

新・霊能者緒方克巳シリーズ10 小さな密告者の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「新・霊能者緒方克巳シリーズ10 小さな密告者」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件