電子書籍 > eBookJapan Plus > ツイン・クロス (2) -聖龍臨翔-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数193
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

死闘の末、聖神四神将(せいしんししんしょう)東方陣、青龍王を倒した
遮那(しゃな)、綺羅娑加羅(きらしゃから)、沙羅寿仙の双子の姉・双樹(そうじゅ)、千寿(せんじゅ)。
戦いの傷が癒えぬ綺羅の元に、双樹が仕える迦楼羅族(かるらぞく)の金翅姫(こんじき)が訪れる。
綺羅のことを“背の君”と呼ぶ金翅姫は、綺羅が霊水晶を使ったことを知り双樹に新しい霊水晶を渡す。
一方、遮那(しゃな)と千寿は、一瞬の高温で焼かれ黒炭と化した都で、
聖神四神将が南方陣、朱雀王と出くわすのだった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ050674
ファイル名/ファイル容量
BJ050674.zip / 89.16MB (93487428Byte)

ツイン・クロス (2) -聖龍臨翔-の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ツイン・クロス (2) -聖龍臨翔-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件