電子書籍 > オフィス漫 > 緑の瞳シリーズ3:魔性の少年

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月20日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数163
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

魔法や剣が力を持つ世界の片隅で、ひとりの村娘が素性のわからない男児を身篭った。
出産に耐え切れずに母親は力尽き、赤ん坊は斧で腹から取り出された。
呪われた子は、その両眼に燃えるような緑の光を宿していた……。

人間と魔神の狭間に揺れるラガラの物語がいま、夜の闇の中からはじまった! 
いつしか赤子は成長し、人目を引く美しい少年となった。
だが、彼が立ち寄った旅籠で商売をしている踊り子・レイラは
美しさの中にガラスのような弱さと他人を排斥する意志を読み取った。
レイラの未来への希望はラガラの心に響くのか。
そして彼が恐れ憎む「追っ手」の正体とは? 

表題作はデモーニッシュなダークストーリー。
後半は、さらに成長し、力とたくましさを身につけたラガラが登場する「黒き炎の城」!! 
魔性の存在とその活躍を追った連作「緑の瞳」シリーズ第3巻(全3巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ050469
ファイル名/ファイル容量
BJ050469.zip / 95.35MB (99985583Byte)

緑の瞳シリーズ3:魔性の少年の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「緑の瞳シリーズ3:魔性の少年」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件