電子書籍 > オフィス漫 > 夢幻街(3)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数191
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

束ねた長髪を風になびかせ、超常の力「狗法(くほう)」を操る男・牧豹介。
彼の丸縁眼鏡が輝くとき、闇の事件がまたひとつ幕を上げる! 
首だけの祖父・牧源三の該博な知識に支えられながら、表で人形屋、裏で拝み屋の仕事を続ける豹介。

今回は昔馴染みの女探偵、斎木美夜のボディーガードを頼まれる。
狗法を習得している美夜に敵う相手など、そうそういないはずだった。
ところが過去のトラブルを逆恨みした犯罪者によって、
恐るべき飯綱(いづな)使い・竜堂玄一郎が差し向けられた。
霊獣・飯綱の憑依によって美夜の命はもはや風前の灯火。
豹介は意を決し、ただひとり竜堂との決戦に臨む。
狗法VS飯綱、相手を捻じ伏せるのはいずれの術か。

異能がぶつかり合う連作「狗法使い」「飯綱」。
拝金主義の符術士・白神仁がいかにして金に執着するようになったか、
その過去が判明する「人形使い」など、5つのエピソードを収録。
待望の第3巻!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ050452
ファイル名/ファイル容量
BJ050452.zip / 65.64MB (68825409Byte)

夢幻街(3)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夢幻街(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件