電子書籍 > eBookJapan Plus > きりんが丘のココロ屋 (6)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年06月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数175
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

きりんが丘にある不思議な雑貨屋さん「ココロ屋」で、緑店長の特製ハーブティを飲みませんか? 
きっとあなたの心が晴れやかになることでしょう。

ある日、泣きながら「ココロ屋」に入ってきた加島奈保(かしま・なほ)。
彼女は恋人・岩田敬司(いわた・けいじ)から、きりんが丘に建つ家の前でプロポーズされていた。
しかし、イラストレーターになる夢を置いて、
平凡な主婦としての将来を想像することに堪えられないと、このプロポーズを断ろうと考えていた。
奈保が「ココロ屋」を去った後、敬司が「ココロ屋」を訪ねるが……。

夢と現実の間で揺れるカップルの恋の行方を描いた「赤いリボン」の他、
「ifの呪文」「木漏れ日のカーテン」「わたしの調べ」の4編を収録。

人生に立ち止まったとき、「ココロ屋」を覗いてみませんか?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ048620
ファイル名/ファイル容量
BJ048620.zip / 54.8MB (57464823Byte)

きりんが丘のココロ屋 (6)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「きりんが丘のココロ屋 (6)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件