電子書籍 > 実業之日本社 > 猫なんかよんでもこない。その4

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年12月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数143
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

涙と笑顔の最終巻!
ついに、「そのとき」がやってきた。チン子が生きた18年の命の輝きを、オレは見届ける。
雪の日にアニキにひろわれた2匹の猫。
ときには泣きながら、ときには笑いながら、オレたちはいつも一緒だった。
クロが死に、オレは漫画家になり、結婚し、子どもが生まれ、
生活も場所も変わったがオレとチン子の関係はずっと変わらなかった。
そんなチン子とオレにとって、大きな変化がおとずれた。
チン子はもう17歳。人間でいえば80歳を越え、オレも40歳を過ぎて鼻毛に白髪がまじるようになってきた。
このままチン子がいなくなったらどうしよう。
仕事も金もなにもなくオレにはチン子しかいなかった。
チン子にたよっていたのはオレのほうだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ048100
ファイル名/ファイル容量
BJ048100.zip / 32.71MB (34296029Byte)

猫なんかよんでもこない。その4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「猫なんかよんでもこない。その4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件