電子書籍 > 実業之日本社 > 猫なんかよんでもこない。その3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年12月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数142
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

オレはひろった子猫をポコと名付けた。
チン子は猫のくせに猫ギライで、ポコが近付くとシャーシャーと威嚇しまくる。
気になる女性ウメサンは「もう子猫をひろうな」と言っていた。
オレはウメサンに知られないよう、こっそりと
ポコの里親探しをはじめたが、なかなか里親はみつからない。
ポコはどんどん成長し、しかも毎日生活をともにしているうちに、
オレとチン子にすっかりなついてしまう。
チン子に嫌われていても、ハハオヤだと思って後をついていくポコ。
オレの肩によじのぼり、耳たぶをオッパイ代わりに吸うポコ。
正直いってオレは、ポコがかわいくてたまらなくなっていた……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ048099
ファイル名/ファイル容量
BJ048099.zip / 35.26MB (36977591Byte)

猫なんかよんでもこない。その3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「猫なんかよんでもこない。その3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件