({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年12月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数431
ジャンル
ファイル容量
97.12MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

2014年5月厚生労働省児童福祉文化賞受賞作品

【フルカラー431ページ6作品収録】
『金太郎』
足柄山の金太郎は、元気な男の子。
今日も、熊を相手にすもうのけいこをしています。
やがて立派な若者となった金太郎は、ある日…。

『おむすびころりん』
山へ山菜採りに行ったお爺さんは、大事なおむすびを穴に落としてしまう。
そこは、ふしぎなねずみの国の入り口だった。
正直者には優しく、欲張りには恐ろしいその国とは…。

『猿地蔵』
山の畑で猿たちがじっとしているお爺さんをお地蔵さんと思い、
お堂にはこび、お賽銭までくれた。
それを聞いた隣のお爺さんは…。

『平林』
小僧さんが、平林さんに手紙を届けるように言いつかった。
忘れぬように「ヒラバヤシ」とつぶやいていたのだが、途中からおかしなことに…。

『大工と鬼六』
暴れ川に橋をかけることになった大工の鬼六。
どうしようかと思案していると、その前に、大きな鬼があらわれて、
かわりに橋をかけてやると言い出すのですが…。

『たにし長者』
子供のいないお爺さんとお婆さんが、水神さまに願をかけ、
子供を授かりますが、生まれてきたのは、小さなたにし。
大切に育てられたたにしはやがて…。

※本電子書籍は個別販売中の作品を収録したセレクション版です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【フルカラー】「日本の昔ばなし」 単行本 第三巻 金太郎編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件