({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年11月18日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数370
ジャンル
ファイル容量
89.63MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

2014年5月厚生労働省児童福祉文化賞受賞作品

【フルカラー370ページ6作品収録】
『花さか爺さん』
正直者の爺さんと婆さんが授かった犬は、二人に幸運を呼び寄せる不思議な犬だった。
隣の欲張り爺さん夫婦が、この犬を奪い去ってもなお、犬は飼い主に奇跡を起こした。

『力太郎』
老夫婦がやっと授かった力太郎は、力自慢の息子だ。
大きな金棒を持って修行の旅に出た力太郎は、恐ろしい化け物退治に挑むことに…。

『宝くらべ』
旅先で出逢った貧しい男に、長者が十二の倉を自慢した。
だが、貧しい男にも二十四の宝があるという。
そこで、二人はひと月後に互いの宝をくらべっこすることになるが…。

『いかとするめ』
殿さまに聞かれたことに答えた山師、ほんの少しの言葉が足らなくて、
手打ちにするのしないのと大騒動に…。
そんな危機を救った「いかとするめ」の例えとは?

『三人泣き』
町の息子から、お婆さんに頼りが届きます。
字の読めないお婆さん、通りがかりのお侍に読んでもらうことに。
ところが、お侍さんが泣き出してしまったので…。

『牛の嫁入り』
村一番の器量よしと評判の娘が、よい婿取りができますうようにと祈っている、
それを知った怠け者の若者が悪だくみを…。

※本電子書籍は個別販売中の作品を収録したセレクション版です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【フルカラー】「日本の昔ばなし」 単行本 第二巻 花さか爺さん編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件