({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年07月20日
シリーズ名新竹取物語 1000年女王
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数207
ジャンル
ファイル容量
75.43MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

距離が近づいていく地球とラーメタルは、1000年に1度だけかかる大気の橋で繋がれた。
始と雨森先生は暴風の中、ラーメタルから飛んできた
「ヌナ」という飛行生物によって地球に連れて行かれてしまう。
崩れた建物と異常気象。殺伐としてしまった地球。
そこで始を待ち受けていたのは、戦いに備え、地球に残っていた1000年盗賊の人々だった。
一方、弥生が指揮する空洞船では大きな事故が発生。
始の救出に向かえないことに焦燥しつつ、対応に追われていた弥生が見たものは……!
ついに物語の舞台はラーメタルへ。指導者ラーレラの口から、地球とラーメタルの本当の未来が語られる。

日本の古典『竹取物語』をモチーフに生まれた、美しく優しいヒロイン・雪野弥生と、
宇宙に憧れを持つ、ごく普通の中学生・雨森始が活躍する、サスペンスフルSF漫画。
『銀河鉄道999』を手掛けた松本零士が描く、壮大なスペースファンタジーが今、電子書籍で復活する――!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「新竹取物語 1000年女王(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件