電子書籍 > グループ・ゼロ > 現代柔侠伝4

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年10月29日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数270
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

島田大サーカスの公演の旅で、勘一少年も熊本を訪れ、空中ブランコでデビューする。
が、いきなりの落下で、勘一少年のサーカス人生にも暗雲が立ちこめる。
柔道のほうは、ガマ先生こと、村木彦政七段を紹介されて、順風満帆……
だが、今度はサーカス小屋が火事になる。
まさに、波瀾万丈を絵にかいたような人生だが、勘一少年は、どこまでも明るく、元気だ。

その間、父の勘太郎は、菊水グループの滝村の陰謀で、殺人罪に問われ、収監される。
勘一少年の人生は順調でも、昭和24~5年当時の世の中は、まだまだ殺伐としているのだ。

占領軍司令官・マッカーサー元帥の解任が昭和26年だが、
その頃、戦後日本の大立者、黒竜会の中野国彦は、菊水グループの滝村との利害の対立、
そして暗闘のすえ、暗殺されてしまう。
この結果、戦後の闇社会の支配者は、当然滝村……ということになるのだが、ことはそう単純ではない。
GHQの保守派や政治家、その他、有象無象が、まだまだ暗躍しているのだ。

テキヤの「鬼勘一家」の活躍は、まだまだこれから。
正義漢・柳勘太郎の無実が説明され、出獄してからということになるだろう。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ039729
ファイル名/ファイル容量
BJ039729.zip / 132.88MB (139334259Byte)

現代柔侠伝4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「現代柔侠伝4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件