({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年10月29日
シリーズ名現代柔侠伝
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数266
ジャンル
ファイル容量
130MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

道場主に見込まれ、青森の“梵天道場”で合気道の修行をした勘一は、
北海道から鹿児島へと巡業の旅をつづける。
まだ幼いとはいえ、サーカス団の一員の勘一は、日本中を旅してまわるのも仕事なのだ。
けれども、鹿児島の旅は勘一少年に幸運をもたらす。

青森の梵天先生の古い友人の徳三砲という人物をとおし、柔道と出合うのだ。
愛くるしくはあるが、陽気で正義感も強い勘一少年には、まさにうってつけの幸運な出会いだった。

時代は、まだ戦後の昭和24年。
GHQの意向ばかりが優先される時代であったが、わが国のヤクザやテキヤの勃興ぶりもめざましい
(そして忘れてならないのが、戦後の三大鉄道事件。下山、三鷹、松川事件だ。
これらの事件の疑惑についてもこの3巻にくわしいので、ぜひご一読を)。

また、柳家に関していえば、奥さんの朝子が婦人警官を辞め、
いろんな困難をのりこえながらも、勘太郎の元に戻ることになるのが嬉しい。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「現代柔侠伝3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件