({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年10月29日
シリーズ名現代柔侠伝
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数274
ジャンル
ファイル容量
134.77MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

第2巻も幼少期の勘一少年の活躍を軸に話はすすむ。
父・柳勘太郎もすでに復員済みで、終戦後2~3年の“焼け跡闇市の時代”に、
請われてテキヤ(露天商)の一員となる。

母・朝子は、これも人生のアヤで婦人警官となるが、父・勘太郎同様、勘一と出会うことは、まだない。
この親子3人、とことんすれ違ってしまうのだ。

また、ヤクザや暴力団まがいの新興テキヤが跋扈する時代に、
柳勘太郎は「鬼勘一家」という一家を構え、テキヤの親分となる。

その頃の勘一少年は旅まわりのサーカス団の一員として、全国各地を巡業して回っているのだが、
ここでも当然、絵にかいたような見事な“すれ違い家族”ぶりで自ずとストーリーもスリリングになる。

が、あくまでも柳一家は明るさが真骨頂。
この無垢な明るさ、一途さ、純粋さにひたれるのも、この作品の大きな魅力のひとつに違いない。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「現代柔侠伝2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件