({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年10月29日
シリーズ名現代柔侠伝
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数291
ジャンル
ファイル容量
148.93MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

“柔侠伝”シリーズでお馴染みのバロン吉元先生の『昭和柔侠伝』に続くシリーズ第3弾。
主人公も、柳勘太郎(言うまでもなく、昭和柔侠伝の主人公)の息子で、柳家3代目の柳勘一。

この第1巻は、戦後の激動と混乱の時代を、
ほがらかに、明るく強く生きる、幼少時代の勘一少年を中心に描かれる。
終戦直後の“焼け跡闇市”の時代も、遠いむかしの話であるが、さすがのバロン先生。
この作品でも、的確な時代考証と見事なばかりのストーリー展開で、わくわく胸踊らせてくれる。

作品自体が長編のため、この第1巻は、“焼け跡闇市”の時代をけなげに生きる勘一少年の話が中心だが、
強烈で感動的な読後感があり、つい、第2巻にも手を伸ばしてしまうのだ。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「現代柔侠伝1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件