({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年06月06日
シリーズ名麒麟
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数190
ジャンル
ファイル容量
88.43MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

麒麟送子――これを持つ者が西ヨーロッパ史上に君臨する名家リーン家の正統な後継者とみなされる。
二條季益(にじょうすえます)は現当主エリザベートの三女、ミレーユの息子。
三女の息子でありながら麒麟送子を与えられた事により、
王国の独占を狙う長女ソフィアに命を狙われ追われる身となる。

そんな季益の前に現れた玄澤多聞(くろさわたもん)という謎の男。
ミレーユから季益を守るよう託されたというこの男と季益は暮らし始めるが…。
次々に襲い掛かってくる刺客と対峙する内、当人も気づかないまま徐々に能力を覚醒させていく季益。

敵か味方か解らない謎めいた人物、シスリー・アシュトンの出現…。
謎が謎を呼び事態は混迷を極めていく。一体麒麟送子とは何なのか?
リーン一族とは? そして麒麟送子に“選ばれた”季益を守る“四家”とは――?

今なお復刊を待ち望む熱烈な支持者が多く存在する90年代の名作少女コミック、電子書籍にて遂に復活!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「麒麟1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件