({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年07月06日
シリーズ名スペシャルミルクティ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数202
ジャンル
ファイル容量
133.88MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

毎日、自分の家で居場所を確保するのは大変だ。
両親の離婚問題が片付くまで、おじの家に預けられている優香は
海の見える綺麗な町で、入水する1人の若者を発見する! 
勘違いだったものの、その彼の忘れ物のスケッチブックを届けるために、
優香は彼の自宅へと辿り着く。
そこで勝巳の母親に気に入られた優香は、歓迎会に強引に誘われるが……
そこで見た景色は、うわべだけの会話と偽善とした空気の中での晩餐であった。
嫌気がさして出て行く勝巳を追う優香。そこは初めて勝巳と出会ったあの海岸であった。
勝巳に同情するつもりで追いかけた優香は、勝巳に自分の弱みをつかれ悩んでしまったのだった…。
心温まる千村青先生の恋愛短編集、第2弾。

(本作は先生の旧ペンネーム・水野葉月名義で描かれた作品を元に再構成した1冊です。
先生は現在、ペンネームを「千村青」に統一して活躍中です)。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「クジラの海【千村青短編集II】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件