電子書籍 > オフィス漫 > スペシャルミルクティ【千村青短編集I】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数192
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

あたしはハッキリ言ってかわいい! そりゃ当然3歳の頃からプロとして活動してるんだからね! 
自慢はこの長い足と必殺スマイル! 自信過剰な柏木綾音であったが、
男にからまれているところを喫茶店従業員・海に助けられる。
ひょんなことから海の勤める店に入って飲んだ1杯のロイヤルミルクティー。
これがこの上なく美味しかった。文句のひとつでもつけようとしたが、
正直な偽りのない感情が出たことで、綾音はいつも創っている自分を思い出していた。
そう…実は私はいつも他人に認められたくて自分を創ってきた。でもそれがいいのか分からない……。
悩んだ綾音が足を運んだ先は、またも海の勤める喫茶店であった。
心温まる千村青先生の恋愛短編集、第1弾。

(本作は先生の旧ペンネーム・水野葉月名義で描かれた作品を元に再構成した1冊です。
先生は現在、ペンネームを「千村青」に統一して活躍中です)。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037572
ファイル名/ファイル容量
BJ037572.zip / 121.13MB (127009912Byte)

スペシャルミルクティ【千村青短編集I】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「スペシャルミルクティ【千村青短編集I】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件