電子書籍 > オフィス漫 > 《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(10)

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年07月24日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数218
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

吸血鬼であることをひた隠しにして、人間社会でかつては教師、
いまはホストとして東京の片隅に生きる男・吸田伊門。
ほぼ7日おきに襲ってくる吸血の欲求は伊門にとって悩みの種。
処女の体にのみ流れる深紅の純潔……バージン・ブラッドによってのみ渇きは癒されるのだ。

ある日、伊門を兄貴と呼んで慕うチンピラ・テツはストーカーに怯える女性・智子と出会う。
テツは助力を申し出るが、これが凄惨な戦いの始まりとなった。
ストーカー・鎌田は小柄な体で地味な風貌、簡単にさばけそうな相手に見えたが、秘めた力は恐るべき代物。
伊門は回復不能なダメージを負ってしまう。思いつめたテツは遠く北海道へと一本の電話をかける。
伊門のかつての同僚、そして想いを通じあったただひとりの女性、留美を呼ぶために……。

ダーク・ヒーロー復活なるか!? 現代を舞台にバンパイアを描ききったシリーズ最終巻(全10巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037571
ファイル名/ファイル容量
BJ037571.zip / 93.1MB

《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(10)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(10)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件