電子書籍 > オフィス漫 > 《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(9)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月24日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数214
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夜の街の片隅、ホストクラブ「地吾露」にひとりの男が雇われていた。
その名は吸田伊門。本性を押し殺して人間社会の狭間に生きる「隠れ吸血鬼」。
かつては教師として生活し、人間に純粋な想いを向けたこともあった。
過酷な同族との戦いを経て、今はもう完全に覚醒し、処女の血液……
バージン・ブラッドなしでは己の肉体と精神を維持できなくなっている。

今度の絶食期間はかつてないほど長く、伊門は衰弱の極みにあった。
駆けずり回ってようやく見つけた純潔な乙女・沙世は、伊門に対しある依頼をする。
ぼろぼろの身体に残された力は僅かなもの。
最後の力をふりしぼり、甘美なる血液に辿りつけるのかどうか。
この窮地にあって警視庁のエリート・緒方警部までもが伊門の正体を察知し、執拗に追いかけてくる。

吸田 伊門シリーズ最大の危機!! バンパイアの日常と苦悩、第9巻(全10巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037570
ファイル名/ファイル容量
BJ037570.zip / 93.06MB (97576505Byte)

《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(9)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(9)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件