電子書籍 > オフィス漫 > 《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(1)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年05月22日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数230
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

一見、平々凡々とした国語教師・吸田伊門(すいたいもん)。
ガラの悪い生徒にも非暴力無抵抗、小心翼々と暮らしているかに見える。
だが、彼には絶対に隠し通さなければならない秘密があった。
髪型を変えて夜な夜な歓楽街をうろつき回り、クラブで若い女を捜すのも己が身の不幸ゆえ。
そう、彼は処女の血を啜らねば生きてはゆけない、闇の眷属・吸血鬼なのだった。

目下のターゲットは同僚の英語教師・新田留美。
どうにかして接近したい伊門だったが、まるっきりチャンスらしいチャンスが訪れない。
それもそのはず、夜になれば吸血鬼だが、太陽の照る日中はすこぶる虚弱体質なのだ。
校長の配慮でバレー部の顧問になっても、醜態をさらすばかりの毎日。
そんな時、他校のバレー部の英雄・三枝博史が伊門の教え子をいいように弄んでいたことが発覚。
留美は激昂し、この非道を糺すように伊門に迫るが……。シリーズ第1巻(全10巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037562
ファイル名/ファイル容量
BJ037562.zip / 101.83MB (106777466Byte)

《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(1)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「《隠れ吸血鬼伝説》吸いたいもん(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件