電子書籍 > オフィス漫 > ツッパリ刑事彦(5)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数190
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

サングラスに嵌まった黒い遮光レンズの奥で、彼の瞳に何が映り、何を考えているものか……。
恐らく、なんにも考えてはいない! 不真面目な駄目刑事・花見 彦九郎はそういう男だ。
自称「警視庁の王子様」、おもしろおかしく事件解決。
真面目なエリート刑事・立花剛介はそんな彦九郎に三度挑み、いずれも完膚なきまでに負けていた。
だが立花家は武士の血筋、敗者・生き恥・切腹、の三段論法がまかりとおる。
父親に叱咤激励され、背水の思いで必勝を誓った剛介は、剣による果し合いを挑む。
といっても相手は彦九郎、シリアスな決着は望めないかも…。はたして、決闘まで持ち込めるのか? 
新旧のキャラクターが入り乱れ不条理ギャグが冴え渡る第5巻(全6巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037550
ファイル名/ファイル容量
BJ037550.zip / 79.9MB (83782792Byte)

ツッパリ刑事彦(5)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ツッパリ刑事彦(5)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件