({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年07月04日
シリーズ名私立男塾
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数182
ジャンル
ファイル容量
89.33MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

鍋島藩の学問所・私立男塾。下級武士の子・宮本大気は、男塾の1年生だ。
エゲレスから来た医師・ハリスに感化を受け、新しい日本人として成長していく大気。
鉄心の作った「飛行機」で見事、日本人初の飛行に成功する。しかし着地に失敗、海上に落下。
何と黒船に救助され、藩との橋渡し役を頼まれてしまう。

自称「商人」であるエゲレス人たちは、言葉巧みに大気を説得し、日本に上陸、鍋島藩・藩主に謁見する。
そこで船長・ゴードンは銃、そして大砲の購入を強引に押しつけてくる。一門で金百貫。
将軍様も倒せる新兵器…御城代は決断まで一日の猶予を求めた。
「大砲も文明の利器でしょうが、所詮は殺人兵器…大人はバカなモノを欲しがりますね」。
鉄心の言葉が大気の胸に突き刺さる……。

幕末の日本が変わろうともがいていた時代に繰り広げられる、熱き男たちの物語! 第4巻(全8巻)!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「私立男塾(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件