電子書籍 > オフィス漫 > 私立男塾(3)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数188
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

鍋島藩の学問所・私立男塾。下級武士の子・宮本大気は、男塾の1年生だ。
エゲレスから来た医師・ハリスに感化を受け、異国の文化、
そして考え方を貪欲に学んでいった。
時代は幕末。新しい日本人として成長していく大気であった。
大気たちは佐賀藩の商人などの援助を受け、
大気が設計をした手作りの蒸気船がようやく完成した。

今日は進水式。「佐賀の天才少年が、おっそろしいモノをつくったよ!」
という情報は瞬く間に広がり、進水式の会場は、黒山の人だかりだ。
その中には噂を聞きつけた鍋島藩のお姫様の姿も…。そしてついに進水の時。
おそるおそる蒸気船を水に浮かべる大気であったが……
それを眺めるハリスの顔は険しかった。
果たして成功するのか!? 

幕末の日本が変わろうともがいていた時代に繰り広げられる、熱き男たちの物語! 
第3巻(全8巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ037540
ファイル名/ファイル容量
BJ037540.zip / 96.63MB (101322153Byte)

私立男塾(3)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「私立男塾(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件